catch-img

セルフハグとアロマの香りで幸せホルモンUP



寒い日が続いています。


月に一度、持病で大学病院に通っているのですが、
先日、担当の先生が


「今年は暖冬でよかったです。寒さはストレスになるし、ストレスを多く受けると免疫力も下がりますからね」
とおっしゃっていたのが心に残っています。


人は、「寒い」という
たったそれだけのことでもストレスがかかり、幸福感が下がってしまうのです。


それ以外にも、日々の暮らしの中で、
幸福感が下がってしまうような出来事が起きることもあります。


 ・これからがんばらなきゃいけないのに、何となく元気が出ない・やる気がわかない
 ・「なんであんなこと言ってしまったんだろう」、と一日の終わりに自分を責めてしまう
 ・どうしても自分のダメなところばかり考えて「なんて自分はダメなんだろう」と考えてしまう



そんな時はタッチングと香り(精油・アロマオイル)の力を借りてみましょう!


精神科医で中毒学を専門とするミシェル・ルジョワユーはこう強調しています。

「幸福感をもたらすホルモンは、他のホルモンとは違って、私たちの手の届く範囲にあるのが特徴です。日々の行動や食事、健康管理によって、3大神経伝達物質であるセロトニン(心の安らぎに関与)、エンドルフィン(一種の脳内モルヒネ)、オキシトシン(愛情や精神的安心感のホルモン)の分泌を、自分で刺激することができるのです」



特にタッチング(触れる事)によって、オキシトシンの分泌が活発になることは、最近では広く知られるようになりましたね。


気持ちが落ちてしまった時、

「いつでもどこでもできる」

セルフハグ(自分を自分で抱きしめる)を

良かったら実践してみてください。



【自分自身をいやすセルフハグの方法】

1.右手で左肩を、左手で右肩をぎゅっーと抱きしめてください。(手の位置など、力の強さなど自分がより安心する力加減・姿勢を取ってください)


2.そのままゆーっくり深呼吸を一回します。(吸って吐いて約8秒くらい)


3.精油の香りも一緒に楽しめればなおよし!です。
 (香りを垂らして、襟元に貼れる、ピタッとアロマクリアやルームスプレーなどがおすすめです)

ピタッとアロマクリアの商品ページ

https://www.flavorlife.com/shopdetail/000000000398/


セルフハグをするときにおすすめの精油

イランイラン
ジャスミン
ローズ
ネロリ
カモミールローマン
ラベンダーなど


精油は根から、葉から、枝から、果実からのように、
植物の様々な部位から抽出することができますが、

自分をやさしく癒してあげるには、花から取れた精油がおすすめです。


花は人間でいうところの頭に当たります。


また含まれている成分は、
エステル類という芳香グループが多く含まれているものがほとんどで、


心を慰め、そのままのあなたを認め、癒してくれるものばかりです。
自分と相性の良い香りを見つけてくださいね。


【ピタッとアロマ】

シールに精油を1滴落としてえりもとに貼り付けます。(香りは上に広がりますので1滴で十分です)



【ルームスプレー】

50mLの青色ペットボトル
無水エタノール 小さじ1杯程度(5ml)
スプレーヘッド(ノズルを適当な長さに切る)
精油  計20滴

青色ペットボトルに無水エタノールを
小さじ1杯程度入れます。
そこに精油を計20滴ほど入れて
容器の肩の部分まで水道水を入れます。
スプレーヘッドを取り付け(ふたをして)よく振ったら完成です。

ご自身の周りに2~3プッシュして自然な呼吸をしてください。
※目に入らないように注意してご使用ください。

尾崎 良有心 (Yoko Ozaki)

尾崎 良有心 (Yoko Ozaki)

フレーバーライフアロマテラピースクール・マネージャー