catch-img

ラベンダー精油で免疫力アップ


「風邪やインフルエンザなど、感染症にかかりにくい体になりたい!」
そう思う今日この頃です。



アロマセラピストとしてサロンに勤めていた時は、
トリートメント(アロママッサージ)の現場で、お客様の心と体の良い変化に寄り添ってきました。


講師になってからは、
「自分の体で人体実験?!」をしながら、
植物のエッセンスがつまった精油を生徒さんが使ってみて
心と体にどんな変化が訪れたか、たくさんの声をお聞きしてきました。


体験談もたくさんお話ししたいのですが、

今回は、過去に行われた興味深い研究結果をお知らせしたいと思います。



免疫力に関するラベンダーを使った実験


(公社)日本アロマ環境協会が行った2002年の研究についてお知らせします。


「免疫力アップ」にラベンダーを使ったオイルマッサージ(トリートメント)が有効であった、
という研究です。


その実験では、高齢者を

トリートメントを全く行わない群
ラベンダー精油を使用したアロマトリートメントを実施した群
精油なし(ホホバ油のみ)でトリートメント実施した群


の3つに分け
週一回3か月実験を行ったところ、


ラベンダー精油を使用したアロマトリートメントを実施した群
にNK細胞の活性に有意差(
意味のある差)が見られたということです。


免疫力の要である白血球のNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が活性化
したということは、ラベンダー精油が「免疫力アップ」に一役買ってくれる!
ということですね。



私たちは殺し屋に守られている!?


NK細胞は、その素早さ、相手を的確に狙って仕留める様子から、「生まれながらの殺し屋(ナチュラルキラー)」と名づけられています。


NK細胞は全身を24時間くまなく巡回パトロールしています。


そして、がん細胞やウイルス感染細胞などを見つけると、即座に攻撃をはじめます。
本当にありがたい存在です。


論文「『香り』を媒介としたケアによるストレス軽減と免疫賦活効果の検討」         伊藤あづさ(日本味と匂学会誌,Vol.9 No.3,P.619-622,2002年12月)
(公社)日本アロマ環境協会 HP

https://www.aromakankyo.or.jp/basics/literature/new/vol18.php



サロンじゃなくて、自宅で自分でケアしたい!
そんな方にラベンダーのトリートメントオイルの作り方をご紹介します。




【ラベンダー精油入りマッサージ(トリートメントオイル)の作り方】


30ml白色ペットボトルの肩口まで植物油※を入れます。
ラベンダー精油を6滴入れます。
ふたをして良く振ったら完成です。
※植物油はスイートアーモンドオイルやホホバ油などお好みのものをお使いください。


背中は手が届かないかもしれませんが、
胸元や、みぞおち、疲れのたまりやすい肩、
老廃物がたまりやすいふくらはぎなど
1日の終わりに1か所だけでもオイルを軽く擦り込んで
ケアしてみてくださいね。


また、特別なテクニックがなくても
効果的なマッサージができる手のひらサイズの
木のマッサージグッズもご紹介しておきます。

ボディーマッサ
https://www.flavorlife.com/shopdetail/000000000180/others/page1/recommend/



【クラフトやレシピに関してのご注意】
※精油は自己責任にてご使用くださいますよう、お願いいたします。
※お肌が敏感な方はご案内の量の半分程度からお試しください。
※作ってから3週間以内に使い切るようにしてください。
※疾患がある方は医師にご相談の上ご使用ください。


当社(フレーバーライフ社では)学名(植物の種類)
で分けると以下の3種類のラベンダーを取り扱っています。
詳しくはHPでご確認ください。

ラベンダー(ラベンダーフランス・ラベンダーブルガリア)
ラベンダーハイアルト
ラベンダー・スパイク


フレーバーライフオンラインショップトップページ
https://www.flavorlife.com/

尾崎 良有心 (Yoko Ozaki)

尾崎 良有心 (Yoko Ozaki)

フレーバーライフアロマテラピースクール・マネージャー